ようこそふっかちゃん横丁へ

Photo:ふっかちゃん横丁外観

ようこそふっかちゃん横丁へ!!

ふっかちゃん横丁は2013年4月24日、
深谷市中心市街地のにぎわい創出と活性化のために、
深谷商工会議所が主体となり誕生しました。

深谷ならではの郷土料理から、
個性豊かな屋台まで、9軒のお店が軒を連ね、
あなたのご来店をお待ちしています。

市民の皆様をはじめ、出店者や深谷市、
商店街からのご協力をいただきながら、
更なる街の活性化に努めていきます。

Photo:ふっかちゃん横丁宴会イメージ

ふっかちゃん横丁の楽しみ方

他の店の料理も食べてみたい場合、店内にある出前メニュー表をご覧ください。

店舗ごとに出前の出来るメニューが決まっています。
ルールとしましては、まずお座りになった店舗のお料理等を注文した後、お客様が出前をしたい店まで行き注文と精算、商品の引き取りをお願いしております。
また、出前の場合お皿など違う場合もございます。

屋台村の役割

Photo:ふっかちゃん横丁イメージ Photo:ふっかちゃん横丁物産展 Photo:ふっかちゃん横丁トイレ

・賑わい創出拠点

屋台村敷地内には、公衆トイレを設置するなどして、たくさんの方に安心して利用してもらう事で中心市街地への集客力を高め、賑わいを生み出す拠点としての役割を担っていきます。

・創業・第二創業支援

屋台村で新たに起業し経営経験を積み、将来は市内の空き店舗等へ移転、独立を目指す方の他、既に飲食店を経営し、更なる事業展開を図る方に出店してもらうことで、創業を支援する場となり、街全体の活性化へと繋げていきます。

・地域資源活用

屋台村で提供する食材には地元食材を使い、積極的に“地産地消”をすすめています。さらに飲食店のほか、農産物直売所も設置しており、市内農産物の消費拡大に努めています。

・復興支援

地元食材を使ったメニューの提供と合わせて、海産物等については、深谷市の友好都市でもある岩手県田野畑村をはじめとする東日本大震災により被害を受けた三陸沿岸地域の食材を使用することで、継続的に復興支援を行っています。

視察について

深谷宿屋台村ふっかちゃん横丁を視察したいという問合せを多数いただいております。
大変ありがたいお申し出ではありますが、事務局には視察に対応できる人員が限られておりますので、以下の規定を設けさせて頂いております。
大変恐縮ではございますが、ご理解の上よろしくお願い申し上げます。

・視察の規定

■説明:60~90分間(※現地視察の場合、要相談)
■場所:深谷商工会議所(深谷市保健センター内)深谷市本住町17-1(電話:048-571-2145)
■視察費用:1,500円/1名(資料及び、当日有効のふっかちゃん横丁クーポン券1,000円分)
■対応時間:10時~16時(平日)

・お申込方法

メールにて受付ております。
E-mail:soumu@fukaya-cci.or.jp
以下の内容を記載の上、送信をお願い致します。

1、ご担当者名
2、企業・団体名
3、参加予定人数
4、郵便番号、住所
5、電話番号、FAX
6、視察希望日時(第1希望~第3希望までご記入ください。)

パンフレットダウンロード